今日はいよいよ、狂犬病予防のお注射とか、フィラリアの血液検査とかをしに病院に行く予定だったんだけど、お天気が悪いおかげで明日にエンキになったよ(^_-)-☆
お泊まりしてから、病院が大好きになったボクだけど、でもチクンはやっぱり嫌いかも……(^-^;
「フィラリアの予防」で病院に行くときって、お土産にジャーキーをもらえるから、とっても嬉しいんだけどね♪
あのジャーキー、なんでフィラリア予防のシーズンしかくれないのかな〜???


今日はすっごい勇敢なお友だちを紹介するね(^-^)
ニュージーランドのジャック・ラッセル・テリアのジョージくんは、心臓障害っていうお病気なんだって。
なのにね、2匹のピットブルから、5人の子供を守ったんだって!

すごいよね〜。ピットブルっていったら、ジョージくんよりも大きくて、怖い顔してて、犬同士で戦うのが得意の犬だもんね(>_<)
それが2匹。
ジョージくんはたった1匹で戦って、その間に子供達は逃げることができたんだって。
助けられた子供達は、人間の子供だよ。

でもジョージくんは大怪我をしちゃって、安楽死で亡くなったんだって(T_T)
きっと治療ができないくらいの大怪我だったんだろうね。
ピットブルも安楽死だって。こっちはどうなのかな? もしかしたらケガが酷かったからじゃなくて、「危険な子」だから、なのかな。

勇敢だったジョージくんのためにも、忘れちゃいけないよね。
誰がいけなかったのか。
ピットブルの飼い主さんがちゃんとしていれば、誰も死ななくて良かったんだよね。誰も殺されなくて良かったんだよね。

このニュースはココで読めるよ(^-^)

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ



GREEN DOG